どんぐりの虫って何?虫が発生する前にやっておきたい駆除方法3つ

更新日:

どんぐりの虫って何?虫が発生する前にやっておきたい駆除方法3つ

「子供がしょっちゅうどんぐりを拾ってくるんだけど、虫が発生する心配はないの?」

こんな心配をされてるお父さんお母さんもいらっしゃるかもしれません。

そこで今回はその問いに答えるべく、どんぐりに発生する虫について考えてみました。

 

どんぐりにいる代表的な虫「シギゾウムシ」が人に与える影響

どんぐりの虫って何?虫が発生する前にやっておきたい駆除方法3つ

結論からいって、どんぐりに虫が発生することはあります

例えばシギゾウムシはその代表ですが、どんぐりがまだ柔らかく成長しきってない頃に中に侵入して卵を生みつけます。

その卵がどんどん成虫して幼虫になった頃、どんぐりの殻を破って外に出てきてしまうこともあります。

殻を破って出てくるのは蛹になるためですが、外に出ても土がなければどうしようもないので、そのままにしておくとやがては死んでしまいます。

また、シギゾウムシについては人体に対して直接的な害はなにもありません。

人に寄生することもありませんし、害を及ぼすこともありません。

ただし、幼虫が中から出てくると見た目がグロテスクであることと、せっかく拾ってきた形のいいどんぐりに穴が開いてしまうことになるので、その点で予防また駆除する必要があるでしょう。

 

どんぐりに発生する虫「キクイムシ」は人に害がある

どんぐりの虫って何?虫が発生する前にやっておきたい駆除方法3つ

どんぐりに発生する虫としては他に、キクイムシもあります。こちらは前兆2mm程度の小さな虫ですが、シギゾウムシと同様にどんぐりの中に入り込んで、そこに卵をうみつけ、さらには生活も行います。

幼虫はドングリを食べてどんどん大きくなっていきますが、人間への影響はそれほど心配する必要はありません。

 

どんぐりの虫を「熱湯」で駆除する方法

どんぐりの虫って何?虫が発生する前にやっておきたい駆除方法3つ

ドングリの中に何かが住み着いてるかどうかは、それが成長してみなければ分かりません。

したがってその成長を待つ前に、前もって駆除しておくことが大切です。一つの方法はどんぐりを茹でることです。

これは調理用のお鍋で構いませんが、中に水を入れて沸騰させて、その中で5分~10分程度どんぐりを茹でましょう。

どんぐりの大きさによりもますが、熱湯であれば通常は数分程度で虫を死滅させることができます。

あくまでも茹で殺すことが目的なので、十分火を通して沸騰させた水で茹でることが大切です。

茹で終わったあとは、お日様の光を使って2、3日乾かします。

 

どんぐりの虫を「レンジ」で駆除する方法と注意点

どんぐりの虫って何?虫が発生する前にやっておきたい駆除方法3つ

最も手軽に虫を死滅させる方法は、電子レンジを使うことです。電子レンジなら茹でる場合と違って手間がかからず、物を中に入れてワンタッチで処理できます。

非常に楽々なのでぜひとも推奨したいところですが、ただし一つ注意点があります。

それは、あまり強い力で加熱するとドングリが破裂してしまう可能性があることです。

電子レンジの力の入れ具合にはくれぐれも注意してください。

 

どんぐりの虫を「冷凍」で駆除する方法

どんぐりの虫って何?虫が発生する前にやっておきたい駆除方法3つ

加熱で全滅する方法もあれば、その逆に冷やして全滅させる方法もあります。

すなわち、冷凍庫にドングリを入れて一週間程度保存しておけば、冷凍の力で虫を死滅させることができます。

これは少し時間のかかる方法ですが、確実に死滅させるためには有効な方法です。

冷凍が終わった後は、しっかり乾燥させることを忘れないようにしてください。

 

まとめ

どんぐりを拾ってきてそのまま放置していたら、殻に丸い穴がいくつも開いていた・・・という経験をされた方もいるでしょう。

虫が殻の中に卵を産みつけているかどうかは外側から見ても判断がつきません。

どんぐりなどの木の実を使って工作をしたり、何かに使用するという場合は必ず加熱か冷凍をしてくださいね。

温かい季節になり、どんぐりに穴が開き、小さな幼虫があちこち(数匹ですが)に死んでいた・・・という悲劇が起こらないよう、事前に処理しておくことをおすすめします。

他にこんな記事も読まれています

-寄生虫

Copyright© 【虫のトラブル】虫刺されの対処法や害虫退治の駆除方法 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.