恐怖!カタツムリの寄生虫が持つ恐るべき特徴と人間への被害まとめ

更新日:

恐怖!カタツムリの寄生虫が持つ恐るべき特徴と人間への被害まとめ

カタツムリといえば、見ていてとても心が和む可愛い虫ですが、ここに恐ろしい寄生虫が宿ることもあります。

例えば、ロイコクロリディウムという虫がいますが、この虫がカタツムリに寄生することがあります。

では、このロイコクロリディウムはどんな特長をもっているのか、またどんな害をもたらすのかについて見ていきましょう。

 

寄生虫「ロイコクロリディウム」の特徴と寄生経路

恐怖!カタツムリの寄生虫が持つ恐るべき特徴と人間への被害まとめ

カタツムリに寄生するロイコクロリディウムは、アメリカやヨーロッパに広く生息している寄生虫の一種です。

カタツムリに寄生することは前から知られていましたが、、基本的に寄生虫なので、カタツムリに限らず人の体内に宿る性質を持っています。

ロイコクロリディウムの寄生の仕方は、最初は鳥の糞の中で過ごし、その後、鳥の糞がカタツムリに食べられることによって、今度はカタツムリの寄生虫となります。

カタツムリの中では、カタツムリが食べる餌を横取りしながら成長を続け、やがて体内で孵化します。

 

カタツムリの寄生虫が鳥に寄生する方法

恐怖!カタツムリの寄生虫が持つ恐るべき特徴と人間への被害まとめ

カタツムリの体内で過ごすロイコクロリディウムは、そのままかたつむりの中で一生を終えるわけではありません。

その次は、鳥の体内に寄生すべくその時を待つことになります。ただ待つだけではなく、鳥に寄生しやすいように、カタツムリの触角をコントロールして芋虫のような動きをさせるのです。

そうすれば、それを見た鳥がカタツムリを芋虫だと勘違いして食べるのです。

こうして鳥に食べられることで新たな寄生場所を得たロイコクロリディウムは、今度は鳥の中で成長を続け、成虫へと育っていきます。

鳥の体内では、鳥が食べたものを自分も吸収して栄養とし、繁殖も行います。

 

カタツムリの寄生虫が持つ恐るべき能力

恐怖!カタツムリの寄生虫が持つ恐るべき特徴と人間への被害まとめ

寄生虫としてのロイコクロリディウムの恐ろしいところは、脳をコントロールできることです。

かたつむりの場合は特にそれが顕著ですが、本来は暗い夜だけに行動するかたつむりの行動パターンを変化させて、なんと昼間だけ活動するように仕向けることができるのです。

これができるのも、ロイコクロリディウムがかたつむりの脳をコントロールできるからです。

 

カタツムリの寄生虫が人間に及ぼす影響

恐怖!カタツムリの寄生虫が持つ恐るべき特徴と人間への被害まとめ

ロイコクロリディウムと人との関わりの事例はあまり多くありませんが、寄生虫がついたカタツムリを食べた人間が、髄膜炎を発症させて死亡したという事例が報告されています。

これはメコンデルタ地方での出来事ですが、胃痛に効き目があるといわれてカタツムリを食べた中年女性が、激しい頭痛を伴って意識を失い、病院に搬送されたのち死亡したというのです。

この時のかたつむりに寄生した虫がロイコクロリディウムだったかは明らかではありませんが、基本的に寄生虫であるロイコクロリディウムが人にもうつることは十分考えられることです。

 

まとめ

カタツムリの寄生虫が「脳をコントロールする」という話は恐怖ですね。

しかし寄生虫だけでなく、細菌やウイルスなど微小なものほど要注意といえるかもしれません。

カタツムリの寄生虫の種類は、今回ご紹介したロイコクロリディウムだけではないようです。

梅雨の時期、お子さんがアジサイの葉にいるカタツムリを素手で触れる光景をよく見ますよね。

やはり万が一のことを考えると、カタツムリに触った後はよく手洗いすることが大切だといえるでしょう。

他にこんな記事も読まれています

-寄生虫

Copyright© 【虫のトラブル】虫刺されの対処法や害虫退治の駆除方法 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.