刺身の寄生虫が原因の感染症と正しい治療法は?刺身を食べる時の注意点

更新日:

刺身の寄生虫が原因の感染症と正しい治療法は?刺身を食べる時の注意点

お刺身を食べる時は、一つの寄生虫に注意を払ってください。その寄生虫の名前は「アニサキス」です。

アニサキスはお魚に寄生していますが、人間が食べるといろんな症状を起こします。

でも、症状が出たときに適切な対処法を知っておけば安心なので、それを調べておきましょう。

 

寄生虫「アニサキス」の特徴と人への危険性

刺身の寄生虫が原因の感染症と正しい治療法は?刺身を食べる時の注意点

アニサキスは魚介類に寄生する虫として知られ、寄生虫の中でも特に害を及ぼすおそれが高い虫といわれています。

人に対してはアニサキス症を引き起こすことで有名ですが、人間に感染するときは、タラ、イカ、アジ、サバ、サケなどの魚介類から感染します。

形は白い糸状で、体長は2㎝~3㎝程度、胃の粘膜に食らいついて寄生してくるのが特長です。

よって、お魚の寄生虫について警戒するときは、まずこのアニサキスのことを知っておかなければなりません。

 

刺身で寄生虫に感染!「アニサキス症」の症状

刺身の寄生虫が原因の感染症と正しい治療法は?刺身を食べる時の注意点

アニサキスに感染して起こる症状には、嘔吐、吐き気、腹痛などがあります。

このうち特に注意したいのは腹痛ですが、腹痛はアニサキスに感染してから数時間以内で起こり、しかも激しい痛みを伴うことがしばしばです。

中にはのたうち回るほどの激痛に襲われることもあり、この点で決して油断のならない寄生虫だといえます。

こうした症状に見舞われたらすぐに病院を受診しなければなりませんが、本人が対処できない場合は、周りが気づいてサポートしなければなりません。

 

刺身を食べてアニサキス症を患った人の人数

刺身の寄生虫が原因の感染症と正しい治療法は?刺身を食べる時の注意点

刺身でアニサキスに感染することなんてないとタカをくくってる人もいるかもしれませんが、アニサキスの症例数は決して少なくないことを知っておいてください。

1年間の症例報告数では、厚生労働省の資料によれば推定で「2,000 - 3,000名以上」という報告があります。

これはアニサキス症の発生数における日本国内だけの報告数ですが、このデータだけを見ても決して少なくないことが分かります。

よって、刺身を食べるときにアニサキスを防除することは必須課題と思っても差し支えありません。

 

アニサキス症の正しい治療法

刺身の寄生虫が原因の感染症と正しい治療法は?刺身を食べる時の注意点

刺身を食べてアニサキス症を起こしてしまったら、ただちに医療機関を受診して治療しなければなりません。

方法は、寄生虫を駆除することですが、病院で胃カメラを飲んだのち、ピンセットでつまみ出すという方法があります。

あるいは、虫が小腸にまで侵入してしまった場合は、お腹を開いて手術しなければ駆除できません。

ちなみに、症状に見舞われたときの痛みに耐え抜くことができれば、やがてアニサキスは胃の中で死んでしまうので、駆除しなくてもすみます。

 

寄生虫も怖くない!刺身の安全な食べ方

刺身の寄生虫が原因の感染症と正しい治療法は?刺身を食べる時の注意点

アニサキスの感染を防ぐには、刺身について安全な食べ方をマスターすることです。

例えば、死んだアニサキスは食べてもなんともないので、しっかりと加熱してから食べることで感染を防ぐことができます。

温度は50~60度が目安ですが、これだけの高熱で処理すれば確実に死滅させることができます。

さらに、食べる前に-20度で24時間冷凍すれば、冷凍の力で虫を殺すことができます。

これは大抵の虫において共通していますが、高温で加熱するか超低温で冷凍すれば確実に死滅させることができます。

あとは、調理するときにできるだけ細かく切ること、また食べるときはよく噛むことです。

アニサキスなどの寄生虫は体の一部が損傷を受けるだけで死んでしまうので、細かく切り刻むことやよく噛むことは有効です。

そして、内臓については絶対に生食しないことです。なぜなら、寄生虫は特に魚の内臓周りに寄生していることが多いからです。

 

まとめ

「乳幼児には生魚や刺身をあまり食べさせたくない。」という方も多いですよね。

単にナマモノは食あたりしやすいという理由もありますが、やはり魚は寄生虫が付きものというイメージがあるのではないでしょうか。

実際、市販の刺身を食べていて寄生虫を発見することはあまりないですが、自分で魚をさばいて作る刺身においては有り得るのかもしれません。

寄生虫アニサキスは2cm~3cmと目視で確認できるサイズですから、注意していれば発見できそうですね。

もし刺身を食べた後に激しい腹痛等の症状があった場合は必ず病院受診してください。

寄生虫のせいか、食中毒なのか、単なる腹痛なのか、自己判断では正しい処置ができませんからね。

他にこんな記事も読まれています

-寄生虫

Copyright© 【虫のトラブル】虫刺されの対処法や害虫退治の駆除方法 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.