ムカデの毒が起こすアレルギー症状とは?ムカデ刺されの応急処置法

更新日:

ムカデの毒が起こすアレルギー症状とは?ムカデ刺されの応急処置法

家の中でムカデに刺されるというのは決して珍しいことではありません。

そして、もしムカデに刺されたら、そのまま放置せずすぐに応急処置しなければなりません。

でも具体的に何をやったらいいか分からない。そんな方のためにこれからムカデに刺されたときの応急処置の仕方をレクチャーします。

 

毒性の強いムカデの種類は?ムカデ刺されで起こる症状に注意

ムカデの毒が起こすアレルギー症状とは?ムカデ刺されの応急処置法

ムカデに刺されたらどうするべきか考える前に、まずムカデの特性について知っておきましょう。

ムカデは噛まないと思ってる人もいるかもしれませんが、実際には人間を噛みます。

種類自体はいくつかありますが、特にアカズムカデは毒性が強く、これに噛まれるといろいろな症状に見舞われます。

例えば、噛まれたときに激しい痛みが伴いますが、この痛みはズキズキするような疼痛で、しびれを伴い、患部は赤く腫れるようになります。

また、灼熱感に見舞われて炎症が起きますが、重症化すると組織が潰瘍化することもあるので注意しなければなりません。

局所的な症状に終わる人もいますが、稀に全身症状が出ることもあり、めまいや吐き気、発熱、頭痛に襲われることがあるので油断できません。

 

ムカデに噛まれたときのアレルギー症状

ムカデの毒が起こすアレルギー症状とは?ムカデ刺されの応急処置法

ムカデに噛まれるのがニ度目のときも注意が必要です。

ニ度目の場合は一度目のときとは違って、強いアレルギー反応が起き、一度目より強い症状が現れるおそれがあります。

これはいわゆる「アナフィラキシーショック」と呼ばれるものですが、噛まれるのが二度目のときはいきなり重症の陥る可能性が高く、症状が現れたらすぐに救急車を呼ばなければならなくなります。

過去に一度噛まれた経験をもつひとは、特にこのアナフィラキシーショックに注意しておいてください。

 

ムカデ刺されの応急処置①…患部を冷やす&抗ヒスタミン剤入り軟膏を塗る

ムカデの毒が起こすアレルギー症状とは?ムカデ刺されの応急処置法

ムカデに刺されたら、まず最初の応急処置として患部を冷やすようにしてください。

保冷剤などがあれば有効ですが、なければ流水で患部を流すだけでもかまいません。

あるいは氷を使って冷やすこともできますが、とにかく患部の熱を取り除き、炎症を抑えることが先決となります。

その後で、ムヒなどの軟膏があれば患部に塗っておきます。ムヒには抗ヒスタミン剤が入っているので、炎症を抑える応急処置としては有効です。

 

ムカデ刺されの応急処置②…熱めのお湯で毒を流す

ムカデの毒が起こすアレルギー症状とは?ムカデ刺されの応急処置法

意外に思われるかもしれませんが、ムカデに刺されたらお湯をかけることも有効です。

なぜなら、ムカデが持っている毒は酸性のたんぱく質だからです。そして酸性のたんぱく質は熱に弱いことが知られています。

皮膚表面に入っている毒は、噛まれた直後にお湯をかければ症状を拡大せずに済むのです。

ただし、お湯といっても温度調整しなければなりません。ムカデに刺されたときは、ちょっと熱めの43度以上のお湯をシャワーで10~20分程度患部にあててください。

お湯がぬる過ぎるとかえって痛みが増してしまう可能性があるので、注意してください。

 

ムカデに刺されたあとの応急処置後

ムカデの毒が起こすアレルギー症状とは?ムカデ刺されの応急処置法

さて、応急処置でいったん症状がおさまったように見えても、それで安心してはなりません。

応急処置だけで完治したとは限りませんし、毒がまだ残っていることもあります。そこで完全に直すために、必ず病院にいくようにしてください。

病院にいけば専門医が診てくれるので、完治させるための適切な処置を行ってくれます。

当面は皮膚科で問題ありませんが、必要に応じて他の診療科目を受診する必要もあります。

いずれにしても、ぶり返しの危険をさけるために、必ず一度は専門医に診てもらうようにしてください。

 

まとめ

普段、ムカデを目にすることがないせいか、突然現れるとその見た目にびっくりする方も多いでしょうね。

ただでさえ嫌悪感を抱いてしまう多足類ですが、実際に刺されることは屋外だけでなく、屋内でも十分あり得るのです。

多足類の中でもムカデは人を噛み、毒素によって痛み、腫れ、かゆみなどの不快な症状で悩まされます。

長雨が続く梅雨や初秋のあとはムカデが地上に現れ、家の2階などの思いもしない場所を這っていることがあるのです。

夜行性なので寝ている間に襲われることもないとはいえません。

もしムカデに噛まれたときは応急処置として、毒素を熱めの湯で流す、患部を冷やす、適切な軟膏を塗っておきましょう。

そして必ず病院受診をしてくださいね。

他にこんな記事も読まれています

-寄生虫

Copyright© 【虫のトラブル】虫刺されや害虫退治の対処法 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.