ダニ刺されの症状、かゆみはいつまで続く?ダニの予防法と対処法

更新日:

ダニ刺されの症状、かゆみはいつまで続く?ダニの予防法と対処法

虫に刺されてかゆいのは当たり前ですが、ダニに噛まれた場合は、ただのかゆみでは収まりません。

普通以上の猛烈なかゆみに襲われたり、しかも何日もそれが治らないこともあるのです。

今回はダニに噛まれた場合の症状と対処法について解説します。

 

ダニに噛まれたときのかゆみの症状

ダニ刺されの症状、かゆみはいつまで続く?ダニの予防法と対処法

まず、ダニに噛まれたときのかゆみがどんなものか、それについて考えてみましょう。

いくらダニといっても所詮は虫、かゆみが出ても時期に収まってくるだろう。

こんな風に甘く考えてる方もおられるかもしれませんが、注意が必要です。

なぜなら、確かにダニは小さな虫に過ぎませんが、噛まれるとそのかゆみは耐え難いほど猛烈なものになるからです。

かゆみの症状は簡単には収まってくれませんし、長引けば長引くほど、精神的なダメージも大きくなります。

かゆみが続く期間は最低でも1週間、酷いときは10日ほど症状が続くことも覚悟しなければなりません。

しかも、刺された跡がなかなか消えないのも特長です。

 

ダニ刺されのかゆみで安眠できない場合

ダニ刺されの症状、かゆみはいつまで続く?ダニの予防法と対処法

ダニに噛まれたときの痒みがどれほど激烈なものか、それはかゆみのせいで睡眠が奪われることもあるほどです。

ダニに噛まれると、赤色丘疹とも呼ばれる腫れが生じますが、それに伴って猛烈な激しい痒みが生じるのです。

その痒みは激しいだけではなく、長時間にわたってかゆみを生じさせ、昼も夜も関係なく症状が襲ってくるので、睡眠を妨げられてしまう人もいるほどです。

しかも寝てる間に痒みが起こるということは、気づかずに患部をかきむしってしまう可能性も高く、そうやって患部を掻いてしまうと、症状がさらに悪化して痒みを長引かせてしまうことにもなります。

 

蚊よりも注意!ダニ刺されのかゆみの特徴

ダニ刺されの症状、かゆみはいつまで続く?ダニの予防法と対処法

ダニに噛まれたときの痒みの長さは、蚊と比べてみてもその差が歴然としています。

蚊に刺されたときは、刺された直後はかゆみを感じますが、数時間もすれば痒みも痛みもひいて、腫れも治まってきます。

ところがダニの場合はこのようにはならず、痛みとかゆみは時間が経てばたつほどひどくなり、その症状は3日~10日は続くのです。

もちろん続く症状は痒みだけではなく、赤い腫れ、色素沈着の跡なども同様で、こうした症状も長く続いてなかなか収まりません。

 

自宅できるダニ刺されのかゆみを抑える方法

ダニ刺されの症状、かゆみはいつまで続く?ダニの予防法と対処法

ダニに噛まれたときのかゆみに対する処置は、最も手近な方法は痒み止めの薬を塗ることです。

ダニ専用が有効ですが、一般的な市販の虫刺され薬でも、ある程度かゆみを抑えることができます。

他に、塩入の石鹸で患部を洗ったり、炎症がひどいときは保冷剤で冷却するのも有効です。

外用薬は内服薬と並行使用することで効率よく治療ができるといわれていますが、これらを要して治療を行うときは、必ず専門医の指示を仰ぎましょう。

 

ダニの発生を予防する最善策

ダニ刺されの症状、かゆみはいつまで続く?ダニの予防法と対処法

噛まれたときの対処法を考えることも大事ですが、もとから噛まれないように予防することも考えておかなければなりません。

家の中で予防するためには、ともかくダニの餌になるようなものを放置しないことです。

チリやゴミが溜まらないようにまめに掃除をし、室内に湿気がこもらないように換気することも大切です。

畳にダニが発生している場合は、駆除剤やスプレーを使ってまめに駆除するようにしましょう。

 

まとめ

ダニに刺されたかゆみは蚊よりも強力で、長引くことが特徴です。

腫れはそれほどではないにしても、しつこいかゆみは不快ですよね。

ダニに刺されて数日経過してもかゆみがあるということは、それだけ毒性も強いということでしょう。

布団に入って体が温まると急にかゆみが出て安眠妨害に悩まされたり、掻きすぎて患部から出血する肌トラブルもあります。

ダニに刺されたら掻かないようにかゆみ止めを使用したり、皮膚科を受診するなどして、症状を悪化させないことが大切です。

ダニは目で見えにくく避けることが難しいので、日頃の予防対策がなにより重要ですね。

他にこんな記事も読まれています

-ダニ

Copyright© 【虫のトラブル】虫刺されの対処法や害虫退治の駆除方法 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.