虫刺されで水ぶくれができる2つの原因と悪化させない対処法

更新日:

虫刺されで水ぶくれができる2つの原因と悪化させない対処法

虫刺されでできた水ぶくれは、そのまま放置すると伝染性膿痂疹になってしまうこともあります。

特に子供の場合は、虫刺されの部分を爪で掻きやすいため注意しなければなりません。

では、虫刺されによる水ぶくれにどう対処したらいいのか、その治療法について考えてみましょう。

 

虫刺されによる水ぶくれができる2つの理由

虫刺されで水ぶくれができる2つの原因と悪化させない対処法

そもそもなぜ水ぶくれができるのか?その理由について知っておかなければなりません。

結論からいえば理由は2種類あります。一つは、虫に刺された部分の傷を爪で掻いてしまい、その傷が悪化することで水ぶくれができるというメカニズムです。

これは大人より子供のほうが顕著ですが、虫に刺された後のかゆみに耐えられなくなって、子供はそのかゆい部分を爪で掻いてしまいます。

水ぶくれができるもう一つの理由は、虫の唾液に対するアレルギー反応です。

これは、刺された部分に虫の唾液が残っていて、この唾液に対するアレルギー反応で水ぶくれができるというメカニズムです。

掻いてもおらず、また虫に刺されるたびに症状が現れる人は、アレルギー反応を疑ったほうがいいでしょう。

 

虫刺されによる水ぶくれを予防する方法

虫刺されで水ぶくれができる2つの原因と悪化させない対処法

アレルギー反応でなければ、ともかく爪で傷を掻かないようにすることによって水膨れが起きないようにすることができます。

方法としては、爪で掻きたくならないようにすること、つまりかゆみが生じないようにすることです。

方法は二つあります。一つはかゆみどめを使用すること、もう一つは保冷剤を使って冷やすことです。

かゆみどめと保冷剤の使用はセットで行い、初めにかゆみ止めを塗ったあと、保冷剤を使って患部を冷やします。

このようにして炎症を抑えて患部を熱を冷やせば、かゆみを抑えることができるので、爪で掻かないようにすることができます。

 

子供が虫刺され箇所を掻かないようにする方法

虫刺されで水ぶくれができる2つの原因と悪化させない対処法

傷を掻かないようにと注意を促しても、子供の場合はそれを我慢するのが難しいときもあります。

そうした状況を考えて、子供が掻いてしまうことを前提に、あらかじめ爪を短く切っておくのはいいことです。

強く掻いたとしても爪が短ければ、患部に与えるダメージを減らすことができます。

また、赤ちゃんの場合は手袋をつけておくこともいい対策となります。

 

虫刺されによる水ぶくれの治療法

虫刺されで水ぶくれができる2つの原因と悪化させない対処法

さて、実際に水ぶくれができてしまったときはどのように対処すればいいのでしょうか。

この場合は、それ以上症状を悪化させないよう治療を行わなければなりません。

方法は、傷を爪で掻いて潰さないようにかゆみ止めの薬を塗ること、また患部を冷やして炎症を抑えることです。

そのまま放置すると症状は悪化するばかりなので、処置はなるべく早く行いましょう。

水ぶくれにも軽症と重症がありますが、症状がひどい場合はとびひになってしまうこともあるので、自然治癒に任せず必ず皮膚科で診てもらうようにしてください。

なお小児ストロフルスの場合は、軽度であれば市販の塗り薬で対処できますが、重度の場合は抗ヒスタミンやステロイドを使用して治療を行う必要があります。

 

まとめ

水ぶくれを掻いて潰してしまうと、とびひのように飛び散った菌が付いた箇所に同様の症状が出ることもあります。

また掻いている爪の雑菌が患部の症状を悪化させることもあるので、虫刺され治療では「掻かないこと」が重要ですね。

とはいえ、子どもは痒ければボリボリ掻きむしってしまいますので、爪を短く切り、かゆみ止めと保冷を使って出来る限り掻かないように親が気を付けることが大切です。

また、水ぶくれができた場合は虫刺されが原因とは限りませんので、早めに皮膚科を受診することをおすすめします。

他にこんな記事も読まれています

-虫刺され

Copyright© 【虫のトラブル】虫刺されや害虫退治の対処法 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.